misonoの夫Nosukeが病気で活動休止!misonoの病気は!?

離婚や別居婚などが話題になっていたタレントのmisonoさんですが、その夫であるNosukeさんが重病を患っている事が判りました。今回はmisonoの夫Nosukeが病気で活動休止!misonoの病気は!?

出典:qetic.jp/life-fashion/

misonoの夫Nosukeが病気で活動休止!

昨年2017年に結婚したばかりのタレントのmisonoさんとロックバンド「HighsidE(ハイサイド)」のドラマーNosukeさんですが16日に自身のインスタグラムで病気を患っていると明かしました。

Nosukeさんの病気は「精巣ガンによる胚細胞腫瘍(はいさいぼうしゅよう)」と言うもので早期発見の場合は完治する可能性が高く、転移さえしてなければ大丈夫なようです。

Nosukeさんは今年2018年11月からバンドのツアー公演に帯同せず、休業に入りました。

12月4日には年内の活動休止を改めて発表し、更に9日には活動休止期間が年末を超えて来年春までになると報告しました。

出典:siam-information.com/

病気の詳細について16日に更新したブログ内で、11月11日に病院で検査したところ「精巣ガンによる杯細胞腫瘍が胃の下にあります。直径おおよそ15cm、とても大きいです」と告げられたと報告しました。

現在の状態としては病室から出られない状況にあると言い、「そんな中misono、YouTubeチャンネル開設!みたいなニュースが入ってきて、重度のYouTube中毒者なので楽しみが増えました(笑)misonoさんありがとう」と綴りました。

今後については

今同じ状況で闘っている人がいるかもしれないし、まだ検査もしていない方に読んで頂く事があるかも知れません。もちろん回復に向けて闘病しているのですが、どうなるかなんてわからないので、日頃の状況と治療過程、そして今の気持ちなんかを書き綴っていきたいと思います。

としました。

出典:ent.smt.docomo.ne.jp/

この報道にネットではどんな反応があるでしょうか。
■やばいの?これ
■ちょっとこれは….あんまり弄れなくなってしまったな
■misonoは看病しないの?
■イケメンだよな、よくなってほしい
■若い人の病気や死亡の話はつらいわ
■胃がおかしいって自覚症状出てる上にこの若さつらいな
■嫁がうるさすぎてストレスもあるかも知れんな
■籍入れてないって何考えてんだ
■気の毒だとしか言いようがない、お大事に
■がんばれ旦那
■misonoは夫がこんな状況なのに別居してるの?

misonoの病気はどうなった?!

出典:news.biglobe.ne.jp/

さて、そんなmisonoさんですが戸籍上は未だにNosukeさんの籍には入っていません。

そうしたことがあった為か、仕事の為か、入院時や医師の説明の際にNosukeさんに付き添ってはいなかったようです。

この報道の少し前、2人の別居婚が話題になりましたがそう言う事とも関連している可能性は浅くありません。

また、この頃にmisonoさん自身も「重病」、「放置すると死に至る病」を患っていると本人が告白していました。

出典:https://mohaya.net/

しかしながら、現在に至っても「misonoさんの病」ついては後報もなく、実のところ「病名」も未だに判っていません。

ですが、「死に至る病」となれば「治った」とは言っても簡単に完治する訳もなく、妻のmisonoさんも病を抱えている状態でいると言う事になります。

misonoさんはとりあえず普通に活動していますが、今後持病が再発して入院と言う事にもなり兼ねず、夫婦としてのこれからが不安視されています。

特にこのカップルは「格差婚」、「ヒモ夫」などと揶揄され、Nosukeさんが疎んじられてきましたが、比較対象がmisonoさんですので、格差婚と言ってもそれほどのものではないと言えるでしょう。

出典:www.google.com/

経済的にも2人の今後には暗雲が立ち込めているようです。

2人の関係性においてもバラエティ番組でネタにしているエピソードはあながち大袈裟だとも言い切れず、misonoさんのワガママにNosukeさんは黙って従っているようです。

まとめ

今回はmisonoの夫Nosukeが病気で活動休止!misonoの病気は!?などの情報をお届けしました。

misonoさんの夫でロックバンド「HighsidE(ハイサイド)」のドラマーであるNosukeさんが重病を患い、来年春までの活動休止を発表しました。

ここまでバンド以外ではmisonoさんの夫として2人でバラエティ番組などにバーターで出演するだけでしたが、この休業で復帰してもどこまでオファーがあるか微妙になってきました。

スポンサードリンク

これからもまだまだ動きがありそうな2人の話題に注目していきたいところですね。

スポンサーリンク